システム建築Online 特集『システム建築』最前線

JFEシビル

JFEシビル
引用元:JFEシビル公式サイト(https://www.jfe-civil.com/)

米国から導入された日本最初のシステム建築として名高い「メタルビル」で建築を行なっているJFEシビル。建築の特徴やサービス、口コミなどを紹介します。

JFEシビルの強み

高品質・高性能な建築を低コストで提供

JFEシビルが提供しているシステム建築では、高品質かつ高性能な建物を低コストで建てることができます。使用している高耐候性ポリエステル塗装は耐久性や耐候性に優れており、塗膜の光沢がなくなったり変色したりといった問題が起こりにくいのが特徴。

長期間美しい塗装を保つことができ、ランニングコストも広く使われているALC(弾性シリコン塗装)と比べて30年間で40%のメンテナンスコストが削減可能です。外壁のメンテナンスにかかる費用も抑えられているため、コストパフォーマンスの良い建築物として利用できるでしょう。

自由なプラン・デザインで建築することが可能

建築する施設によってデザインは異なります。JFEシビルのメタルビル建築はさまざまなデザインに対応した組み立てユニットを用意しているため、顧客のニーズに合わせた建物を建てることが可能。

鉄骨構造や設計など、自由性の高い工程で建築を進められます。クレーン付き・多層階・積載荷重の重さなどさまざまな要望に応えられるのが強み。

JFEシビルでは独自のフレーム建築を採用しているため、大きな建物でも中柱を省略した設計ができ、経済的で使いやすい空間を提案してもらえます。鉄骨・屋根・外壁・建具をトータルシステムで規格化し、無駄のない工程で建築できるのが大きな魅力です。

独自の基礎システムで短工期を実現

基礎・杭・柱を一体化した「いちいち基礎工法」や、従来工法よりコストを削減した「ネオベース」などの基礎システムで建築を行ない、工期を大幅に短縮しています。

いちいち基礎工法」は杭基礎が必要な軟弱地盤で用いられる基礎工法で、柱と杭を基礎部分で一体化させたものです。基礎梁の本数と杭の数を減らすことができるため、工期を短縮することが可能に。シンプル設計で人件費・工事車両をあまり使わず、基礎工事にかかるコストを抑えられます。

(財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した、優れた耐震性が特徴です。

「ネオベース」は材料費と施工費をトータルに削減できる基礎システム。マット基礎と布基礎の2種類を扱っており、建物の規模や建設地の条件で使い分けられます。木の基礎部分を大幅に減らした、残土処理に対応しやすいシステムです。

吸音性や断熱性にこだわった快適環境が◎

メタルビル建築のこだわりで重視しているのが、快適な環境です。働く方や訪問者だけでなく、製品や材料の劣化にも配慮した環境を整えるための建築を行なっています。

屋根や外壁に使用されている材料は吸音性に優れており、室内の騒音レベルを低下。遮音性も高く、外部への騒音をできるだけ抑えられます。そのため、建物のスペースを広げることができ、敷地を有効活用できます。近隣住民と騒音トラブルが起こる可能性もほとんど無し。

また、屋根システムの二重立ち巻きハゼと工場シールで水密性を高めているため、寒冷地の積雪で起こりやすい水漏れ減少「すが漏れ」を防げます。雪解け水や軒先に下がるつららも発生しにくくなるため、落下の危険がありません。断熱性も高く、厳冬期でも快適な室温、湿度を保てるのが特徴です。

大手システム建築メーカー徹底比較を詳しく見る

JFEシビルが展開する
システム建築の特徴まとめ

JFEシビルのシステム建築は、非住宅産業建築向けです。そのため、依頼者の種別は建築主に限られています。高層階は2~3階まで対応が可能。幅広い設備建築が可能です。セミオーダーや自由設計については要問合せとなっていますが、公式サイトを見るに、ある程度の要望には応えてもらえるのではないでしょうか。

基礎工事はJFEシビルが独自に開発した「いちいち基礎工法」を採用しています。地盤の弱い土地でも対応できる工法となっているので、建物の耐久性に問題が生じることはないでしょう。

Web見積もりは実施していませんが、全国各地にある営業所の窓口で相談が可能です。北は北海道から南は九州までをカバーしています。メタルビル建築について詳しく説明を聞いてみたい場合は、窓口で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

  • 依頼者の種別:建築主
  • 高層階の建物:2~3階建てまで可
  • 基礎工事の対応:可
  • 自由設計・セミオーダーの対応可否:要問合せ
  • 認定工法の有無:要問合せ
  • web見積の有無:無

雨風に対する耐久性が高く、寒冷地で特に高評価のシステム建築

JFEシビルのシステム建築はどのような環境でも高い強度を保てるように工夫されています。しかし特に雪の多い寒冷地ではその良さが発揮されており、高い断熱性を持つ材料と設計のおかげで、快適な室内温度を保つことができています。

雪や寒さへの耐性が高いというのは、暖かい室内温度を保てるというだけではありません。JFEシビルの屋根システムは雨風に対する耐久性が高いことでも知られています。強風や豪雨が発生しても被害が少なく、特に九州や沖縄など台風発生率が高い地域で、信頼を勝ち取っています。

JFEシビルのシステム建築法メタルビルの別の特徴は、高い耐候性を持つ外壁です。高耐候性ポリエステル塗装を用いることで、従来の金属外壁よりも光沢変化や変退色が生じにくく、いつまでも美しい外観を保つことができます。従来のALCと比べると、10年20年経った後での外観が全く違います。それでいて、保守のためのコストは約40%削減されているので、コストパフォーマンスの高い技術だと言えます。

システム建築では、規格化されたユニットを組み立てるため、工期が短くなるのも特徴です。しかし早く完成するからと言って、脆弱になるわけではありません。むしろ国土交通省の認可を受けた仕組みに基づき設計が行なわれるため、強度の信頼性も高いと言えます。

展開するシステム建築商品

メタルビル建築

1970年代にアメリカから導入された、日本で初めてのシステム建築がメタルビル建築です。JFEシビルは日本各地でメタルビル建築の構造物を手掛けています。非住宅産業建築向けのシステム建築で、多種多様な業種の建物に対応が可能。生産設備・物流設備・商業設備など、これまで手掛けてきた実績を総合すると1,600万平方メートル以上にものぼります。

メタルビル建築の特徴は、導入当初から変わらない高い断熱性能。建てられた建造物で働く人たちにとって、快適な気温は重要なポイントです。それに加え、建材の選択肢が増えたことによるコストパフォーマンスの向上やメンテナンスのしやすさ、デザイン性といった価値も現在のメタルビル建築にはあります。

半世紀の歴史を持つメタルビル建築が支持され続けているのには、確かな技術と実績があるからでしょう。

タイプ別にメタルビル建築を確認

メタルビル建築の建築は、どのようなところにこだわりや特徴があるのか、それを建築物のタイプ別に見ていきましょう。

工場

メタルビル建築の工場建築は、省エネにつながるソーラーパネル、工場内の環境維持に役立つベンチレータ、高い吸音性の屋根システム、短期で効率的な基礎作りができる「いちいち基礎工法」をはじめとした基礎工法、遮音性を重視した壁システム、ブレースの配置の自由度が高い構造システムなどが魅力。工場建築に関する幅広いニーズに応えます。

倉庫・物流センター

メタルビル建築の倉庫・物流センター建築は、「保管庫」としての性能を満たすことを特に優先しています。屋根システムと壁システムは断熱性を重視し、建具は気密性と水密性の高さを重視。基礎システムや構造システムは効率的なコストダウンをはかった仕様となっています。

店舗

メタルビル建築の店舗建築は、店舗内の快適環境を重視。特に屋根システムは断熱性能にこだわります。ニーズに応じた自在なデザインで、魅力的な店舗作りを実現します。

事務所

メタルビル建築の事務所建築は、快適さと省エネ性を重視。屋根システムと壁システムで高い断熱性能を持たせつつ、屋上緑化やソーラーシステムで省エネも図ります。工期が短く事業をスピーディーに立ち上げやすいのも魅力です。

スポーツ施設

メタルビル建築のスポーツ施設建築は、アスリートの立場に立った目線での環境作りが大きな特徴。空間の広さや快適性だけでなく、安全性や運動のしやすさなどもしっかり考慮した設計となっています。

住居

メタルビル建築の住居建築は、「住む人の視点に応じた柔軟なデザイン対応」が特徴。戸建てやアパートだけでなく、介護施設やクリニックなども対応可能です。

JFEシビルのシステム建築の接合部

JFEシビルの魅力は、デザインの幅広さです。多くの種類のユニットを用意しているため、顧客の様々なニーズに合わせることができます。そして、それは接合部も例外ではありません。

JFEシビルでは3種類の接合部を採用することにより、様々なデザインへの対応を可能にしています。

シートジョイント

不要な部分を削ぎ落し、必要なものだけを備えた接合部です。コストパフォーマンスが高く、小規模の建物に適しています。

JFEシビル_接合部1
「シートジョイント」
引用元:JFEシビル公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/products/structure/)

バットジョイント

大スパン・多スパンに対応できるよう作られた接合部です。小規模の建物用のシートジョイントと違い、頑丈さと簡素さをベストなバランスで実現した大規模の建物向きのユニットです。

JFEシビル_接合部2
「バットジョイント」
引用元:JFEシビル公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/products/structure/)

二―ブレース

中規模から大規模の建物向きの接合部です。柱と梁の直角な接合部を支えるための、斜材を使用しています。外力をスムーズに伝達することができ、重量がある屋根をしっかりと支えられます。

JFEシビル_接合部3
「ニーブレース」
引用元:JFEシビル公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/products/structure/)

柱と梁の直角な接合部を斜めで支えるユニット「二―ブレース」は、壁側の柱と屋根を支えることもできれば、建築内部に設置された柱と屋根を支えることもできます。

JFEシビル_接合部4
引用元:JFEシビル公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/products/structure/)

独自のフレーム接合形式により、自由度が高く無駄のない建築設計が可能です。建築設計がシンプルになったおかげで、総合的な軽量化に成功。建物の負荷を減らし優れた耐震性も実現しました。

JFEシビルでは数多くのユニットをパズルのように柔軟に組み合わせることで、短期間で建築ニーズに合った建築物を建てられます。

また「建築技術証明書」など公的の評定所・認定書などを取得しているため、安心して工事をお任せできます。

利用者の評判

  • 建築時の要望をしっかり叶えてくれた
    JFEシビルさんと10年以上お付き合いを続けており、4棟の事務所をメタルビル建築で作っていただいています。最初は空間を有効活用できるというメリットに惹かれて契約しましたが、予想以上に満足できる建物になりました。工場と事務所のデザインの調和、騒音の遮断といった要望もしっかり実現してくださり、本当に感謝しています。(建設地:愛知県、用途:事務所)
  • 短期間で理想の建物を建ててもらえる
    鋼材の量が増加してそれまでの倉庫では手狭になってきたので、土地を購入して倉庫を新設することにしました。断熱性・遮音性・気密性の3点を重視した建築を依頼。中でもメンテナンス面に優れたメタルビルを選びました。早い工期でイメージ通りの建物を建ててもらえたので良かったです。使い勝手が良いため、次の工場もメタルビルでお願いしようと考えています。(建設地:石川県、用途:工場)
  • 鉄骨の特徴を知りつくした担当者が◎
    元々別棟だった事務所と倉庫を一つにしたいという希望があり、メタルビル建築で柱が少なく断熱効果に優れた建物を作っていただきました。JFEシビルの営業担当者は鉄骨の特性を知りつくしており、要望に沿った建物を建ててくれるのはもちろん、建築の提案もしてくれるので本当に助かります。納期の早さや低いコストなどメリットも多く、満足できる建築になりました。(建設地:福岡県、用途:倉庫)
  • 近隣住民との騒音トラブルが減りました
    鍛造工場として創業したものの、作業中に大きな音がするため近隣住民とトラブルになっていました。県から建築物の見直しを求められたのをきっかけに、新工場を建てることに。かなりの短工期でしたが、メタルビル建築をお願いしたおかげで無事期限内に完成しました。遮音性も高く、新工場になってからは近隣住民とのトラブルも減少。断熱性も高く、気温を気にせず快適に作業できるようになりました。(建設地:石川県、用途:工場)
  • 省エネで電気代を大幅に抑えられました
    スケートリンクは運営に多くの電気代がかかるのですが、断熱性が高いメタルビルで建築したおかげでトータルの電気代が大幅カット。太陽光パネルも設置したので、かなりの省エネになっています。建築の際は屋根の音響や照明の設置、加工のしやすさなど、色々と要望を聞いていただけました。通常は1~2年かかるところを半年で完成できたのは嬉しかったですね。(建設地:兵庫県、用途:スポーツ施設)

利用者の評判から見えるJFEシビル評

鉄鋼関連事業を手掛けているJFEシビルのノウハウは、システム建築でも活かされているようです。単純に依頼をこなすだけではなく、より最適な提案を心掛けていることがうかがえます。担当者の提案力も魅力の1つのようですが、やはりメタルビル建築の性能の高さに惹かれて発注した人が多いのも特徴です。断熱性・遮音性・気密性などに対して満足しているという声が多くありました。建物の性能は、そこで働く人たちにとって大切であるだけでなく、コスト削減にも繋がります。また、周辺環境の向上にも一役買っていると言えるでしょう。

想定していた以上の満足度が得られたと言う声が多いことから、長期的に付き合っていける企業だということが分かります。技術・知識・経験の3拍子が揃っている会社と言えるでしょう。

システム建築の事例

JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/アクアクララ株式会社(熊谷工場)/)
  • 概要:水製造工場。屋根には浮き屋根工法のKルーフ21Nを採用することで、断熱性能も持たせられる。工場内には倉庫と事務所を併設。
  • 建物名:アクアクララ株式会社(熊谷工場)
  • 施工地:埼玉県熊谷市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/株式会社オートウェイ(関東倉庫)/)
  • 概要:大型の倉庫として建築。壁システムにはKBパネル205を採用。凸凹の表面部の美しさが映えたデザインです。表面材にはコストパフォーマンスに優れたガルファン鋼板を使用。屋内面の色見が7種類から選択可能です。
  • 建物名:株式会社オートウェイ(関東倉庫)
  • 施工地:茨城県下妻市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/ブラックボックス/)
  • 概要:ロフトが付いた、ワンルームの住居用建物。壁システムにはKB205、屋根システムは浮き屋根工法のKルーフ21N仕様。
  • 建物名:ブラックボックス
  • 施工地:富山県高岡市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/コストコ(千葉ニュータウン倉庫店)/)
  • 概要:会員制倉庫型卸売りチェーンのスーパーマーケット。壁システムには高品質のカラーガルファン鋼板を形成。ユニークな壁パネルのKBリブ114が使用されています。
  • 建物名:コストコ(千葉ニュータウン倉庫店)
  • 施工地:千葉県印西市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/バッティングパレス-(湘南平塚店)/)
  • 概要:神奈川県平塚市に建てられたバッティングセンター。基礎システムには柱と杭が一体化した「いちいち基礎工法」を採用。基礎梁と杭の本数を減らすことにより、工期の短縮が可能。
  • 建物名:バッティングパレス (湘南平塚店)
  • 施工地:神奈川県平塚市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(http://ur0.link/OlXF)
  • 概要:世界的に有名な飲料の製造工場。白い壁に赤い屋根、青い柱というカラーリングが特徴的。壁システムにKB205、屋根システムにKルーフ21Nを使用しています。
  • 建物名:仙台コカ・コーラボトリング株式会社 宮城東部営業所
  • 施工地:宮城県石巻市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(http://ur0.link/OlYi)
  • 概要:タイヤやオリジナルホイールを輸入販売するオートウェイの関東倉庫。ネット販売を主力としているだけあって、看板もネット検索を意識した意匠となっています。壁システムにKB205、屋根システムにKルーフ21Nを使用。
  • 建物名:株式会社オートウェイ(関東倉庫)
  • 施工地:茨城県下妻市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(http://ur0.link/OlZ2)
  • 概要:衣料品チェーンストア「あかのれん」の店舗。基礎・杭・柱を一体化させた、メタルビル独自の「いちいち基礎工法」を採用しています。
  • 建物名:あかのれん(稲沢店)
  • 施工地:愛知県稲沢市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(http://ur0.link/OlZj)
  • 概要:風力発電関連事業を手掛けるウィンド・パワー・グループの事務所。高床式の造りとなっており、下のスペースを有効に使えます。
  • 建物名:ウィンド・パワー グループ
  • 施工地:茨城県神栖市
JFEシビル_施工事例
画像引用元:JFEシビル株式会社公式サイト(http://ur0.link/OlZS)
  • 概要:屋根全体に使用されているソーラーシステムが印象的なアイススケート場です。壁システムにはKB205、KB225、KBヴァンドという、KBシリーズの3種のパネルを使用しています。
  • 建物名:ひょうご西宮アイスアリーナ
  • 施工地:兵庫県西宮市

会社情報

本社所在地 東京都台東区蔵前2-17-4 JFE蔵前ビル5階
創設年 昭和47年
営業日 月~金
受付時間 9:00~17:00
許認可情報 国土交通大臣許可(特-28)第768号
東京都知事登録第49402号
東京都知事許可(3)第85456号