システム建築Online 特集『システム建築』最前線

工期

システム建築のメリットのひとつに、工期の短さが挙げられます。システム建築と在来工法では、いったいどのくらい工期が違うのでしょうか?それぞれの工期例の比較や、システム建築が短工期を実現できる理由をご紹介します。

システム建築と在来工法の工期を比較!

店舗や倉庫、工場を建てる際に工期が大切になることをご存知でしょうか?工期が短いと建物が早くでき上がるだけではなく、建築現場で働く方の日数も短くなるのでコストを抑えることができます。システム建築と在来工法の工期を1,000m²の工場で比較しているので、参考にしてください。

在来工法

在来工法の場合は大きく3つの工程に分かれます。まず初めに必要となるのが、「材料手配」です。材料手配がもっとも時間がかかるといっても過言ではなく、75日間が必要となります。

次の工程は「工場制作」です。この工程には60日間かかります。最後の工程は「現場工事」です。工程の中ではかかる時間が一番短く、45日間となっています。3つの工程を合計すると、180日間かかる計算です。

システム建築

システム建築と在来工法の大きな違いは、材料手配が必要ないことです。部材が標準化されているため、手配をする手間が省かれます。そのため、在来工法で発生した75日間を丸々短縮することが可能です。工場制作にかかる日数は50日間なので、在来工法よりも10日間短くなっています。最終工程の現場工事も15日間短くなっており、30日間で完了。トータルで80日間しかかかりません。

システム建築は在来工法と比べて、100日間の工期短縮ができます。建物の仕様によって多少工程数は変動しますが、それでもシステム建築のほうが圧倒的に工期を短縮することが可能です。

では、一体どうしてシステム建築は工期を短縮することができるのでしょうか?その理由をご紹介します。

システム建築が短工期を実現できる理由とは?

システム建築が工期を短縮できる理由は、各種部材の開発によりシンプルな施工法を実現しているためです。そのため、熟練した技術が必要されることがなくスムーズに作業が進行します。部材はすべて標準化されており、基礎工事を行なっている最中に工場で生産。工期全体の短縮を図れるのです。近年の技術労働者不足の対策にも一役買っています。

業者の中には長年の経験で蓄積したデータベースを駆使して、標準化した計画や設計手法を利用して、合理的に設計を行なっているところも。

システム建築は言葉通り各工程のシステム化を行なうことで、工期を短縮することができるのです。

業者によってシステム化の内容は異なります。システム構築会社をチェックして、工期を短縮できるところを選択しましょう。

システム建築大手3社を詳しく見る

業者別の工期短縮例

住金システム建築

住金システム建築では、物件に応じて複数タイプの基礎システムを自社開発。すべての建築にこのシステムを使用することで、通常の工事で必要になる型枠工事、鉄筋工事を省略しました。これにより、工期の短縮とコストダウンを同時に実現しています。工期は最大で25%カットされました。

住金システム建築の施工事例を見てみる

横河システム建築

yess建築工法を用いて工期短縮を行なっているのが横河システム建築です。自社開発した構造解析ソフトを使って物件ごとの最適断面を算出。使う部材を最小限に抑え、屋根と母屋が一体化した構造を使うことで短工期を実現しています。

横河システム建築の施工事例を見てみる

ナガワ

ナガワではフレーム材と屋根パネル材に高張力鋼材を採用。物件ごとに最適な断面を算出し、屋根と母屋のフレームが一体化した設計を提供しています。現場ではボルト接合を行なっているので溶接もありません。これにより工期を大幅に短縮しています。

ナガワの施工事例を見てみる

日成ビルド工業

日成ビルド工業では、規格化された部材のみを使用し、自社工場で生産しています。現地で行なうのは組み立ての施工のみ。設計・生産・施工までの流れをスムーズにすることで、高い品質を保ちながら工期を短縮しています。

日成ビルド工業の施工事例を見てみる

大和ハウス工業

さまざまなタイプの建物を提供している大和ハウス工業では、部材を自社工場で製造しています。建物の設計・施工・メンテナンスも自社で一貫して行うことで工期を短縮。短工期でコスト削減や環境への配慮を実現しています。

大和ハウス工業の施工事例を見てみる

川田工業

自立できる強度の壁材と重ね継手ができる胴縁を組み合わせて間柱を排除しています。施工時には仮設足場を使わずに高所作業車を使用。さらに基礎構造の設計から施工まですべて自社で行なって工期短縮につなげています。

川田工業の施工事例を見てみる

新日鉄住金エンジニアリング

新日鉄住金エンジニアリングでは、自社で独自開発した部材を使用。建設プロセスをスムーズにすることで短い工期での建築を行なっています。一人の職人が複数の専門的な工事を担当。短い工期で高品質の建物を提供しています。

新日鉄住金エンジニアリングの施工事例を見てみる

内藤ハウス

建物に使用する建築部材を標準化し、企画・設計・工場生産・施工までを一括で請け負っています。これによりムダがなくなり、工期を短縮。使用している部材は軽量の鉄骨を使用しているので、コストパフォーマンスも高くなっています。

内藤ハウスの施工事例を見てみる

立川ハウス工業

建物を構成する鉄骨、屋根、外壁、建具のすべてを標準化。現場でもボルトの接合を標準化し、溶接は一切行なっていません。使用する部材の数も最小限にすることで工期を短縮。この建築方法は工場、倉庫はもちろん、スポーツ施設やレジャー施設などにも利用されています。

立川ハウス工業の施工事例を見てみる

太陽工業

太陽工業では、規格化された建築構造を使用することで工期の短縮を図っています。部材の規格は決まっていますが、内部空間は建物の使い道に合わせたアレンジが可能。工場や倉庫だけでなくレジャー施設・ショッピング施設とさまざまな使い方ができます。

太陽工業の施工事例を見てみる