システム建築Online 特集『システム建築』最前線
システム建築最前線 » システム建築のメリットとは?知っておきたい基礎知識

システム建築のメリットとは?
知っておきたい基礎知識

より安く、より早く、高品質に建築したいという社会のニーズにより、建築のプロセスや部材を標準化したシステム建築。近年大きな注目を集めている施工方法です。前もって建築部材の寸法から形状まで事前に決定することで建築プロセスが圧倒的に早くなり、コストも抑えられるメリットがあります。システム建築は数多く用意されたパーツを組み合わせるため、倉庫・流通センター・学校・医療機関・ショッピングセンター・スポーツ施設といった、さまざまな施設に対応できるのも魅力です。

ここでは、システム建築のQ&Aをご紹介しています。システム建築の良さが、きっとわかるはずです。

システム建築の価格は?

工場や倉庫、店舗を建てるとなると多くのお金が必要となります。建設する側にとっては、できる限り価格を抑えて建てたいのが本音ではないでしょうか?

システム建築は建物を構成する部材を標準化することで、建築のプロセスをシステム化。生産効率を向上できるため、低価格を実現しています。

在来工法では資材に制限がありません。建築の自由度が高い分、条件によって価格が大きく変わります。一方システム建築は生産プロセスがシステム化されているので、条件にもよりますが在来工法に比べて10~25%ほどのコストカットが可能です。

こちらではシステム建築の費用例をまとめています。システム建築を利用して、施工費を抑えましょう。

システム建築の価格について
詳しく見る

システム建築の工期は?

システム建築の特徴のひとつに、工期が短いこと(短工期)が挙げられます。短工期だと人件費が抑えられ、結果的にコストカットにつながるメリットも。会社によっては工期を20%短縮できるところもあります。

短工期が実現できる理由は、シンプルな施工法を実現しているためです。部材を標準化し、すべてを工場で生産。これによって工期全体が短縮され、人件費を抑えるだけでなく、人材不足も解消されるのです。

こちらではシステム建築と在来工法との工期の違いも比較しています。すぐに工場や店舗を建てたいという方、必見です。

システム建築の工期について
詳しく見る

システム建築の耐震性・耐久性は?

システム建築は低価格、短工期ということもあり耐震性・耐久性に不安を感じる人もいるでしょう。しかし、システム建築も当然ながら建築基準法に則って建てられているため、どの構造でも震度7の地震に耐えられるだけの強度を持っています。さらにメーカーごとに部材強度の向上が行なわれるなど、耐久性を担保するために工夫されています。

ここでは、工場や倉庫を建設する際に選ばれることが多い鉄骨造とシステム建築の耐震性や耐久性を比較しています。

システム建築の耐震性・耐久性を詳しく見る

システム建築の見積もり方法は?

パッケージ化された部材を使用するため、見積もり算出や費用計算が簡単にできるシステム建築。価格をある程度把握できることで、コストプランが立てやすくなるメリットがあります。

システム建築の業者によっては、ホームページ上ですぐに見積もりが出せるところも。こちらではそのなかでも評判の高い「日鉄物産システム建築(旧:住金システム建築)」と「横河システム建築」をピックアップしています。

システム建築の見積もり方法を詳しく見る

システム建築が建てられる流れ

システム建築でもっとも注目されるのは、効率のよい部材の工場生産です。工場で生産された統一化された部材を使用することにより、費用や工期を削減できます。

しかしシステム建築の恩恵はそれだけではありません。営業から組み立てまで、システム建築のメリットは様々なところに隠れています。

今回は、システム建築の建築の流れとともに、システム建築のメリットについてご紹介します。

システム建築が建てられる流れについて見る

押さるべきシステム建築の有力メーカーは?

システム建築は均一な建築物を構築することで、かかるコストや労力、期間を圧縮する手法です。そのため、標準化された工法と部材などから、生産力や広い営業エリアを有する有力なメーカーが存在します。

システム建築の有力メーカーを確認し、想定している必要な設備投資について具体的に計画を練ってみてもいいでしょう。

押さえるべきシステム建築の
有力メーカーを見る

システム建築のメリット・デメリットとは?

システム建築を選ぶのであれば、ぜひ知っておきたいのがメリットとデメリット。どちらも踏まえた上で検討しましょう。

システム建築のメリットは何と言っても効率よく、かつ合理的に設計ができるため、コストを抑えられることです。さらに気になる、耐震性や耐久性についてもしっかりと考慮された設計なので、平均的におよそ30年は維持できるとされている点も注目したいポイントです。必要なことを取り入れて、無駄なくシステム化して建物を建築できる、実にシンプルイズベストな工法です。

また、システム建築のデメリットは、合理的で高機能を高めることを優先しているため、デザイン性に欠けていることです。外見はごく一般的なデザインとなり「お洒落な空間にしたい」「オリジナリティある倉庫にしたい」と希望する場合にはお勧めできない工法です。

システム建築のメリット・
デメリットを詳しく見る