システム建築Online 特集『システム建築』最前線

サイトマップ システム建築Online 特集『システム建築』最前線
システム建築Online 特集『システム建築』最前線
システム建築とは?

"システム建築"という選択肢

低コスト&短工期を可能にした工法
規格化された工法を用いることで、在来工法よりも安く・早く建てることを可能にしたのが『システム建築』です。特に、納期やコストカットが重視される、工場や倉庫といった特殊建築の建設シーンで注目を集めています。このサイトでは、多くのメリットを持ったシステム建築を知ってもらうために、全国の施工業者や導入事例を徹底的にリサーチしています。
           
システム建築とは?

システム建築とは?

部材と工程をシステム化し、コストと工期をカット

システム建築とは、形状・寸法などがルール(システム)化された部材を使用する建築方法。部材を手配に時間がかかりません。また施工図に沿って施工することで、熟練工でなくても高品質な建物を短工期・低コストで建設できます。

テントやプレハブより自由度が高く高品質

システム建築は、希望に応じて1ミリ単位の細かな指摘が可能です。同じ規格で建てるプレハブ建築とは違い、システム建築は営業~施工までの「プロセスをシステム化」した工法。部位を製造段階で調整できるので、柔軟な設計に対応できます。

システム建築のメリット

部材の標準化・生産プロセスのシステム化によって、建築にかかるコストを抑えているシステム建築。システム建築の価格を在来工法と比較すると、コストを25%抑えられます。

コストの低さは、短納期との密接に関係。部材をつくる際に材料を手配する必要がないシステム建築は、基礎工事と並行して部材の生産が可能です。時間のロスをなくしてスムーズに建築できるため、工期を100日短縮できるケースもあります。

耐震性・耐久性は、接合部分を強化することで対応。最小限のコストで、大地震にも耐える丈夫なつくりを実現します。見積もりの計算までシステム化されているため、スピーディーに算出可能。時間や費用に一切のムダがない、スマートな建築方法です。

Comparison
大手3社比較
大手3社比較

システム建築業者
ココに注目!

国内のシステム建築シェアでは「住金システム建築」「横河システム建築」「JFEシビル」の3社が大多数を占めており、業界TOP3とみなされています。業者を選ぶ際に押さえておきたいポイントをまとめてみたので、比較検討の材料にしてみてください。

住金システム
建築
詳細を見る
横河システム
建築
詳細を見る
JFEシビル
詳細を見る
依頼者の種別 建築主・元請どちらでも可 建築主のみ 建築主のみ
施行会社 自社施行 提携代理店 提携代理店
多層階 2~6階建てまで可 2階建てまで可 2~3階建てまで可
基礎工事の施行 直接基礎・杭基礎 不明(要問合せ) 杭基礎

依頼前にチェック!失敗しない会社選びのポイント

  • 【依頼者の種別】元請からの依頼も受けられるか?

    システム建設の依頼者は大きく分けて、建築主(事業主など実際に建物が必要になっている人たち)と元請(ゼネコンや設計事務所など)の2つに分けられますが、業者によっては「元請からの仕事は引き受けない」ところもあります。
  • 【施行会社】自社施工?or提携代理店?

    自社施工のメリット…窓口が最初から最後まで一本化されているので、依頼の齟齬や手間が減らせる。見積もりの出し直しなども容易。
    提携代理店のメリット…施工が地方の場合、近隣の提携代理店に仕事を依頼することができる。
  • 【多層階】2階建て以上の建物にも対応できるか?

    システム建築の主流は平屋建てですが、スペースの有効活用や事務所併設などを目的に、最近は多層階の工場・倉庫が増えています。こうしたニーズに応えられ、2階建て以上の建設ができる、対応力と技術力を持った業者を選ぶようにしましょう。
  • 【基礎工事の施行】知っておくべき基礎工事の重要性

    建物を建てる際は『基礎工事』が必ず必要で、それはシステム建築も例外ではありません。基礎工事を外注すると工期やコストもかさんでしまうので、自社対応できる会社がおすすめです。直接基礎は平たん地、杭基礎は傾斜地で用いられ、どちらも施工できる方が理想です。

【決定版】
検討すべきシステム建築の大手3社

住金システム建築_施工事例1
引用元:住金システム建築公式HP
https://www.sumikin-sysken.co.jp/case/
住金システム建築_施工事例2
引用元:住金システム建築公式HP
https://www.sumikin-sysken.co.jp/case/
住金システム建築_施工事例3
引用元:住金システム建築公式HP
https://www.sumikin-sysken.co.jp/case/
住金システム建築_施工事例4
引用元:住金システム建築公式HP
https://www.sumikin-sysken.co.jp/case/
住金システム建築_施工事例5
引用元:住金システム建築公式HP
https://www.sumikin-sysken.co.jp/case/
独自の基礎技術で、コスト&工期を短縮
  • 基礎工事
  • セミオーダー
  • 多層階
  • web見積り
  • 現地見学会
  • 全国対応
依頼者の種別 建築主・元請どちらでも可
施行会社 自社施工
基礎工事 杭基礎、直接基礎
認定工法 ティオ、トレオ、ラフィット
施工事例
工事・倉庫・店舗・体育館(運動施設)・事務所・住居・学校舎・福祉施設

住金システム建築の強み

スピード施工を実現する特許技術が多数
基礎から施工を行う住金システム建築では、特許を取得した独自技術をいくつも扱っています。杭基礎だけでなく、直接基礎での施工も可能。通常の工事で必要になる型枠工や鉄筋工をカットして、工期短縮に繋げます。
24時間以内に見積もりを確認できる
見積もりを作成するには、豊富な知識が必要です。一級建築士や施工管理技士の有資格者や建築技術関係出身のスタッフが多いので、作成から提出までを24時間以内に対応可能です。
全国100社以上の会社と連携した安定供給
工期短縮のポイントは、スムーズな資材の供給にあります。全国100社以上のパートナー企業と連携している住金システム建築では、日本各地でJIS規格の製品を製造。資材不足のリスクが少なく、地産地消にも繋がります。
横河システム建築_施工事例1
引用元:横河システム建築公式HP
http://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/6278
横河システム建築_施工事例2
引用元:横河システム建築公式HP
http://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/4903
横河システム建築_施工事例3
引用元:横河システム建築公式HP
http://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/6457
横河システム建築_施工事例4
引用元:横河システム建築公式HP
http://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/b0585
横河システム建築_施工事例5
引用元:横河システム建築公式HP
http://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/609
全国の提携ビルダーによるきめ細かいサポート
  • 基礎工事NG
  • セミオーダー
  • 多層階
  • web見積り
  • 現地見学会
  • 全国対応
依頼者の種別 建築主
施工会社 提携代理店
基礎工事 不明(要問合せ)
認定工法 yess建築
施工事例
工事・倉庫・店舗・体育館(運動施設)・事務所

横河システム建築の強み

米国生まれのシステム建築・yess建築を採用
yess建築とは米国生まれの技術を日本の建築基準法に合わせて改良した、横河独自の建築技術です。システム建築専用工場で製造されている、日本で唯一の製品。標準化が徹底されており、低価格と短工期の両方を実現できます。
細かな部材の変更にも対応可能
部材はコンピューター処理による自動化生産ラインで、スピーディーに製造できます。標準化された建築方法を用いていますが、提携代理店によっては、1ミリ単位のオーダーメイドも可能です。
さまざまな希望に応える幅広い商品展開
倉庫や工場で扱うものに合わせて、建物の外壁を選択できます。断熱性の高さで選ぶなら「フラットヴァンド」、耐火建築物なら「耐火ヴァンド」など、建築主の希望に合った建物を建築できます。
JFEシビル_施工事例1
引用元:JFEシビル公式HP
https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/小竹運輸つくば店/
JFEシビル_施工事例2
引用元:JFEシビル公式HP
https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/ウィンド・パワー-グループ/
JFEシビル_施工事例3
引用元:JFEシビル公式HP
https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/小谷製作所 本江北工場/
JFEシビル_施工事例4
引用元:JFEシビル公式HP
https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/プロテクション/
JFEシビル_施工事例5
引用元:JFEシビル公式HP
https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/デイサービスひなた/
劣化を防ぐ特殊塗料でランニングコストをカット
  • 基礎工事
  • セミオーダー
  • 多層階
  • web見積りNG
  • 現地見学会NG
  • 全国対応
依頼者の種別 建築主
施工会社 提携代理店
基礎工事 杭基礎
認定工法 不明(要問合せ)
施工事例
工場、店舗、事務所、体育館(運動施設)、住居

JFEシビルの強み

デザインの自由度が高いメタルビル建築
クレーン付きや多層階など建築主のさまざまな要望に応えるため、豊富な組み立てユニットを用意。さらに独自フレームを用いて、中柱を省略した設計にも対応可能です。規格化されたシステムで無駄をカットしています。
条件に合った基礎工法を選択可
軟弱地盤に必要な3つの工事、基礎・杭・柱をセットにした「いちいち基礎工法」や、材料費と施工費を削減する「ネオベース」などを展開。基礎システムによる短工期を実現できます。
塗装で30年間のランニングコストを削減
光沢低下や色の変色・退色など劣化を防ぐ塗装を使用することで、美しさを長期間キープできるJFEシビル。在来の金属塗装と比較するとメンテナンスの必要が少なく、保守コストを約40%削減できます。
工場・倉庫を建てるなら?

システム建築vs在来工法!建築物別に比較

工場や倉庫に適した工法は、鉄骨を用いた在来軸組工法をはじめ、テント倉庫プレハブ工法などさまざま。これまでにシステム建築以外の方法で事業を拡大してきた企業も多いでしょう。ここでは、システム建築とその他の在来工法建築物別に、寿命や価格などを比較しました。各工法のメリット・デメリットを比較して、自社に合った工法を見つけてください。
↓アイコンをタップすると表示が変わります
システム建築 テント倉庫 在来工法 プレハブ工法
寿命 ・約30年と長寿命
気候に合わせた設計を行い、劣化を防ぐ
・6~10年ほど
劣化は激しいため、短期使用向きの工法
・約30年と長寿命
H型鋼材を採用した丈夫な造り
・約20年
強度が高いため長持ちする
防音・防寒面も改善傾向に
価格 ・低コスト
設計・生産ラインを規格化(システム化)しコストをカット
・低コスト
使用する建材が最も簡素で、基礎工事費用も安い
・最も高コスト
素材だけでなく設計段階でも多額のコストがかかる
・低コスト
用途によっては耐久性や耐火性向上のコストが必要
工期 ・短い
CADでパーツ設計を行うため、スピーディーな設計が可能
・短い
骨組みとシートを敷くだけなので、工期は非常に短い
・最も長い
施工はもちろん、他工法と比較すると設計時間が必要になる
・短い
必要な部材を事前に生産・大量ストックすることで、短工期を実現
耐久性 ・頑丈
雪や台風など、建築場所の条件を踏まえた設計で耐久性を向上
・最も低い
耐久力は低く、10年間隔でシートの張り替えが必要になる
・最も頑丈
柱の数や素材、機能性など、どこまでも追及できる
・低い
耐火性や耐震性は劣り、テント倉庫と他工法の中間ほど
構造・デザイン ・比較的自由度は高い
規格内での調整が可能なので、構造の汎用性は高い
・定型のみ
シートを張るだけなので自由度はなく、用途はかなり限定される
・自由度が最も高い
素材や形状の選択肢の幅が広く、好みを反映しやすい
・自由度は低い
構造の自由度はシステム建築より低く、デザインはほぼ定型

【結論】価格と耐久性のバランス『コスパ』に優れたシステム建築

システム建築の特徴は、そのバランスの良さ。価格・耐久性・デザインの自由度など、他の工法はどれか1つの要素で突出した強みを持っていますが、システム建築はすべてにおいて高い評価を誇っています。コストや工期に注目しシステム建築を検討される方も多いですが、工場などの特殊建築では構造の自由度も非常に重要です。この点においてもシステム建築は高い汎用性を持っており、全体的なバランスの良さは、他の工法にない強みだと言えるでしょう。
事業を拡大あるいは新規参入するために倉庫や工場、店舗などを建てる際は、用途に合った建築工法を選ぶと施工費用やランニングコストを抑えられます。システム建築と在来工法・プレハブ工法などを比較することで、各工法の特徴をまとめました。自社の利益拡大に繋がる工法は何なのか、用途別に確認してみましょう。

倉庫

耐久性の高さと構造の自由度で貢献
「できる限り早期に倉庫を増やしたい」というニーズを叶える短工期や、長期使用を想定した際の耐久性、柔軟なデザイン変更など、倉庫を建てる際に気になる項目を建築方法ごとに比較しました。単純な価格だけでなく本当に費用対効果の高い工法を知ることで、大切な素材や製品を保管できる倉庫を建てられます。

工場

あらゆる用途の工場に対応可能
2階建てや柱のない広い空間、天井クレーンなどの生産設備が必要になる工場。部材の素材や数量を調整してコストカットに繋げながら、耐久性も高める必要があります。また企業の生産効率を高めるためには、短工期を実現できかるかどうかも重要です。ここでは工場の建築方法を3つ比較して、工場に適した工法を考察しました。

店舗

短工期の案件でもスピーディーに
オープン日が決まっていることが多い店舗は、短工期が求められる建物のひとつ。お客様が実際に足を運ぶため、屋根材や外壁材を工夫して快適な環境を整えることも重要です。ここでは短工期・低コストを実現する工法を調べるために、3つの工法を比較。店舗を取り巻く状況が、どのように変化してきたのかについてもまとめました。

事務所(オフィス)

コストだけでなく効率も重視するなら
スピーディーな事務所の立ち上げには、短工期の建築方法を選ぶのが最適です。作業効率を高めるためには、導線や高断熱などの機能性も考えましょう。事務所の建築に適した工法を見つけるために、3つの工法を価格や工期などで比較しました。また事務所を建てる際に意識したい立地・設計についてのポイントもまとめています。

福祉施設

安心できる耐久性と大手の信頼感で選ぶ
短工期・低コストで福祉施設を建築できる工法は何か、比較結果をもとに考察しました。有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅など、2階建て以上の施設が多い福祉施設。機能面に優れただけでなく、法律を遵守した造りでなければいけません。建築法や福祉法にも詳しい、豊富な知識を持った施工会社に依頼するのが最適です。

学校舎・体育館

大規模施設でも施工可能な対応力
生徒の学び場となる学校舎や体育館は、コストを抑えてながらも耐久性の高い建物を建設する必要があります。ここでは、学校施設に適した工法「システム建築」「在来工法(鉄骨造)」「プレハブ工法」を寿命・コスト・工期・デザイン・耐久性で比較しました。学校舎・体育館を建設する際の注意点についてもまとめています。

屋内スポーツ施設

流行のフットサル場やスイミング施設も施工
近年フットサルは競技人口が増加傾向にあり、フットサル場のニーズも高まっています。投資目的でフットサル場を運営するなら、短工期・低コストの建築工法が最適。ここでは、フットサル場の建設ができる3つの工法を5項目で比較しています。屋内スポーツ施設を建設する際に押さえておきたい、用途地域やコート素材についてもまとめました。

住居(集合住宅)

特殊建築だけじゃない、実は住居も建設可能
工業・商業施設だけでなく、一般住居でもシステム建築を用いることが可能です。ここではシステム建築を、ポピュラーな工法である在来工法(鉄骨造)・プレハブと比較。工場・倉庫とは異なり、耐震や耐火に関する建築基準法が厳しくなる住居。機能性の高さを示す「等級」や定義などについてもまとめました。