システム建築Online 特集『システム建築』最前線
システム建築最前線 » 最前線!システム建築NEWS

非公開: 最前線!システム建築NEWS

近年マーケットで注目されているシステム建築について、関連するトピックなニュースをネット上からピックアップしてみました。

市場動向などシステム建築関連ニュースをピックアップ

世界市場で2桁成長率が見込まれているシステム建築

世界的な知名度を誇る調査・コンサルティング会社のMarketsandMarkets(マーケッツアンドマーケッツ)が発行した「システム建築の世界市場予測(~2024年)」という市場調査レポートが日本でも販売されています。この調査資料から、システム建築の市場予約に関する記述を一部抜粋します。

システム建築の世界市場は、2019年の145億米ドルから2024年には250億米ドルに達し、この期間中11.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。

この市場の成長を促す要因として、環境に配慮した建物に対する需要の増加、および軽量の建築構造物に対する需要に伴う建設時間およびコスト削減の必要性が考えられます。(後略)

引用元:exciteニュース
「システム建築の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始

この調査によると、システム建築のニーズが拡大しているのはその合理性だけでなく、エコロジー対策という側面もあることがわかります。

将来を見据えた自動車用部品工場のシステム建築事例

自動車用部品メーカーである九州シロキが、新工場建設にあたってシステム建築商品を採用した事例を紹介します。

(前略)新日鉄住金エンジニアリングのシステム建築商品「スタンパッケージR」を採用し、将来のレイアウト変更や増築を考慮した構造を計画。操業スペースの空調化や、荷さばきスペースの屋内化により、作業環境の安全性を高めた。

引用元:MONOist
作業環境の安全性を高めた九州シロキ第3工場が完成、レイアウトの柔軟性を実現

日本の主力産業である自動車業界でも、国内生産ラインの合理化にシステム建築が一役買っているわけです。

北海道の橋梁・機鉄メーカーが農業法人の倉庫を受注

北海道室蘭市で昭和10年から活動を続けている橋梁・機鉄メーカー楢崎製作所がシステム建築事業に参入。農業法人のカボチャ保管用倉庫を最初の案件として受注しています。

(前略)楢崎製作所は、グループ会社で国内最大手の横河システム建築(千葉)に柱や梁(はり)を供給してきた。昨年6月に横河ブランドである「yess建築」ビルダーに加盟。通常は建屋と別発注の基礎工事も含め、設計、部材製作、外構工事まで一括で受注・施工できる態勢をとり、事業の柱に育てる考えだ。

システム建築は、資材高騰や人手不足を背景に、在来工法よりも安価で短期間に建築可能な工法として需要が高まっている。同社は「道内のシステム建築のマーケットは伸びる見通しがある。一括施工できるメリットを生かし、事業を広げていきたい」と話している。(後略)

引用元:室蘭民報
システム建築を室蘭・楢崎製作所が初受注、事業の柱に

歴史ある企業が新規参入するのも、システム建築には新たなビジネスチャンスの芽があるからなのかもしれません。

世界的企業が工場・倉庫のシャッター市場に参入

世界で初めて、赤外線センサーを応用した自動ドアを開発したオプテックス。自動ドアセンサー市場では国内シェア率50%以上、世界でも30%のシェア率を誇ります。そのオプテックスが工場・倉庫の出入口に使用するシャッターセンサーを開発。2019年6月より販売を開始しました。

シャッターの開放時間を短縮して建物内部の環境を保全。また車両とシャッターの接触事故を防ぐ「複数エリア検出時無限静止機能」が搭載されており、安全性も高めることができます。

オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」は、工場や倉庫の出入口に使用するシートシャッター開閉用のシャッターセンサー「OAM-EXPLORER」を6月より発売開始し、シャッターセンサーのラインアップを拡充します。

フォークリフトや作業者を確実に素早く検出し、スムースで安全なシャッターの開閉と、スマートフォンによる現場でのセンサー設置の円滑化を図り、作業効率の向上をサポートします。(後略)

引用元:時事ドットコムニュース
工場や倉庫の出入口に最適なシャッターセンサー「OAM-EXPLORER」をラインアップ

自動ドアなどのセンサー市場を牽引し、2009年から常に右肩上がりの売上高成長を遂げてきたオプテックスが次に目を向けたのが、工場・倉庫などのシャッター市場でした。それだけ工場・倉庫の「建物内の環境を保全すること」「工場・倉庫などでの事故を防止すること」が重要視されているということ。

部材と工程が規格化され、一定の品質と安全が確保されているシステム建築のニーズが拡大しているのも当然と言えるかもしれません。

人為的ミスか、倉庫棚の構造に問題か?イギリスで起きた事故

次は、イギリスにある倉庫で起きた事故に関するニュースを紹介します。安全性を確保が重要だと改めて思い知らされる事例です。

フォークリフトがチーズの保管庫の棚にぶつかったが為にとんでもない大惨事を招いた。

巨大なチーズ保管庫で作業している人たちの映像では、奥からフォークリフトが近づいてきて、手前の作業員を避けるように移動するも、その際に操作を誤ってしまい棚にぶつけてしまったのだ。それが切っ掛けで保管庫の大量のチーズが雪崩式に崩れて、奥の棚などもドミノのようにほぼ全壊。(中略)

とてもフォークリフトがぶつかっただけが原因とは思えない崩壊っぷりだ。

引用元:ニコニコニュース
フォークリフトがチーズ保管庫の棚にぶつかりとんでもない崩壊 9時間後に救助される

フォークリフトの接触でこれほどの大きな被害が出てしまった原因はまだ不明とのこと。棚の耐荷重を超えていたのか、そもそも棚の構造に問題があったのではと疑問視する声も上げられています。

今回の事故では幸いにも全員が無事救助されたそうですが、こうった重大な事故を招かないためにも、構造的に問題のない倉庫・工場を建築することは事業者の責務。そういった面でも、部材と工程が規格化されているシステム建築が適しています。