システム建築Online 特集『システム建築』最前線
システム建築最前線 » システム建築vs在来工法 建築物別に特徴比較

システム建築vs在来工法 建築物別に特徴比較

低コストで早く建物を建設できるシステム建築の特徴や、他の工法との違いについてまとめています。建物ごとの建築方法比較や建設時のポイントも紹介しているので、建築方法で迷っている方はぜひご一読ください。

システム建築とその他の工法を比較!

各建築方法の特徴

建築方法と言っても、作り方やシステムによってコストや工期、耐久性などは異なります。ここでは、主に大きな建築物に用いられる4つの建築方法の特徴をまとめています。自社の建築物を建てるなら、それぞれの建築方法の特徴について把握しましょう。

工法 システム建築 在来工法 プレハブ工法 テント倉庫
寿命 約30年 約30年 約20年 6~10年
価格

安い

従来工法の価格のうち、25%をカットできる

高い

他の工法より全体的にかかるコストが高い

安い

耐久性や耐火性などの機能を持たせると価格が上がる

安い

使用する建材が安く、基礎工事費用も他より安い

工期

約80日

工期が短いうえに、ニーズを反映した設計が可能

約180日

設計から行なうため、他よりも工期が長い

約120日

パーツを事前に生産することで短工期を実現

約60日

構造がシンプルなため、工期が最も短い

耐震性

高い

強度の強い部材を使い、最小限の部材で耐震性を確保

高い

設計段階で部材を増やせるので、自由に強化できる

平均

耐久性は中間的だが、錆が生じると耐久性が下がる

高い

構造物自体が軽く、大きな影響を受けない

耐火性

高い

プラスターボードで耐火性を高める

高い

火に強い素材を使用できる

高い

防火対策を行なうとコストが上昇

低い

使用する素材が火に弱い

遮音性

高い

吸収性の高い断熱材を用いて、騒音レベルを下げる

高い

設計の自由度が最も高く、遮音性にもこだわれる

低い

音が響きやすい軽量鉄骨を使う

低い

シートで全体を覆うため、遮音性は低い

【総評】価格と性能のバランスで選ぶならシステム建築

倉庫を建てる際の工法は、それぞれに異なった特徴を持っています。コストと時間をかけることで丈夫な倉庫ができ、反対に低コスト・短工期の工法は耐久性が低くなります。

倉庫の使用目的に応じて最適な工法を選ぶのが1番ですが、特別な事情のない一般的な倉庫であれば、コスト・工期・耐久性のバランスが良いシステム建築が良いでしょう。無駄なコストをかけずに、必要最低限の性能を持った倉庫を建てられます。

低コスト・短工期で選ぶならテント・プレハブ工法

規格化された部材を使うことで、倉庫を低コストに建てられるのが、テント倉庫とプレハブ工法。とくにテント倉庫は、骨組みとシートを組み合わせて建てるため、費用が少なく時間が短いのが特徴です。

プレハブ工法の場合は、テント倉庫より少しコストと時間がかかるぶん、耐久性が向上。在来工法とテント倉庫の中間的な性能を持っています。

丈夫さ・自由度で選ぶなら在来工法・システム建築

倉庫は保管するものや期間によっては、耐久性や柔軟なデザインに対応できるかどうかが重要に。安い工法で何度も建てなおすのではなく、長期使用を見越した設計ができる在来工法やシステム建築を選ぶことが、結果的にコストダウンに繋がります。

柱を多くして耐久性を上げたい場合には在来工法、寿命が長くて安い工法を探している場合はシステム建築など、自社のニーズに合わせて2つの工法から選ぶのが良いでしょう。

システム建築

低コスト・短工期で建築物を建てられる建築方法です。コンピューターによりシステム化された設計・組立・施工を行なうため、人件費を抑えた建設が可能。在来工法である鉄骨づくりと比べて半分ほどの工期で仕上げられます。建材や屋根・外壁などのシステムが規格化されているため、耐熱や遮音などに優れた高品質な建物を作るのに向いた工法です。

在来工法(鉄骨づくり)

日本の伝統的な在来工法の中でも、工場や倉庫などスケールの大きな建物に用いられる鉄骨づくり。柱と梁を鉄骨で作る工法で、耐久性や寿命が長いことが特徴です。デザインや建材など自由度が高い建築方法のため、いろいろなこだわりにも対応できます。ただし設計に手間を要することから、工期が半年以上かかることがほとんどです。

プレハブ工法

プレハブ工法は工場で柱や梁、壁材などを生産し、現地で組み立てる建築方法です。コンピューター管理で厳しい基準のもと作られているため、職人の技能に左右されることなく短工期で一定品質の建築物を建てられます。しかしほとんどが規格化されているため、デザイン性や耐久度における自由度はシステム建築よりも低いのが特徴。

テント倉庫

「倉庫」という名の通り、骨組みにシートを張ってテントにした倉庫のことです。建築方法の中では最も工期が短く、シンプルなつくりになっています。骨組みをわりあい自由に組めるので、敷地の形状に関係なく建設できるのがメリット。固定型・伸縮型・積雪型などの種類があり、設置場所の気候に合わせたテントを作ることが可能です。

システム建築と他の建築方法の違い

設計・生産までを規格化したシステム建築は、プレハブ工法に柔軟性をプラスした建築方法です。建材や構造体をそのまま組み立てるだけのプレハブ工法と違い、できるだけ依頼主の要望に応じた見積もりや設計、建材の生産を行ないます。プレハブ工法のメリットである低コスト・短工期もそのまま引き継いでいるため、プレハブの良さはそのままに、より品質が高い建築物を作ることが可能です。

システム化されているため自由度は少し低い建築方法ですが、在来工法と同じ品質の建物を安く短い工期で仕上げられるのが魅力。寿命も30年程度とほとんど差がありません。

テント倉庫は構造が全く違うためかかるコストや工期は違うものの、寿命や耐久性はシステム建築のほうが上です。長期運用するのであれば総コストにそこまで差はないといえます。

【建物の種類別】建築方法を比較しました

建物によって建築基準やコスト、工期などが異なるため、建物ごとに適した建築方法を選ばなくてはいけません。建物の種類別に用いられる建築方法を比較し、最も向いている建築方法をまとめました。

倉庫

工場や流通事業など多くの会社で利用されている倉庫は、製品や材料の保管をするために必要な施設です。利益を出すためには、低コストかつ品質が保証されている方法で建設したいもの。そこで、倉庫の建築方法をそれぞれ比較した結果をまとめました。施工事例や建設時のポイントも掲載しているので、建築方法の検討にお役立てください。

システム建築 テント倉庫 在来工法 プレハブ工法
寿命 30年以上 6~8年 30年以上 20年以上
価格 在来工法の2/3程度 最も安価
ただし張り替えの必要があるため長期運用は割高
高い 小規模建築物は安価
工期 2か月半~ 1~2か月 6か月~ 1~3か月

倉庫の建築方法を比較

工場

工場の主な建築方法であるシステム建築・在来工法・プレハブ工法の3つを、寿命や工期などのポイントから比較しています。長期的な運用に向いた建設方法や生産効率の高い工場にするための注意点も掲載。トラブルになりやすい近隣への対策や工場の見栄えを確認し、より収益を上げられる快適な工場を建てましょう。

システム建築 在来工法 プレハブ工法
寿命 30年以上 30年以上 20年以上
価格 在来工法の2/3程度 高い 小さめの工場なら安価で建設可能
工期 2か月半~ 6か月~ 1か月~3か月

工場の建築方法を比較

店舗

店舗を建設するなら、事前に店舗の大きさやレイアウト構成などを決めておくことが大切です。大きな店舗は法律によって建築基準が決まっているため、工法によっては要望通りの店舗に仕上げられない場合も。建築方法の比較と、近年の店舗建設の動向をまとめているので、実際に店舗を建てようと考えている方はチェックしてみてください。

システム建築 在来工法 プレハブ工法
寿命 30年以上 30年以上 20年以上
価格 在来工法の2/3程度 高い 小さい店舗なら安価で建設可能
工期 2か月半~ 6か月~ 1か月~3か月

店舗の建築方法を比較

事務所

管理・事務業務を行なう事務所では、レイアウト変更や人員の増減を考えた設計をしなくてはいけません。構造やレイアウト、移動経路などの計画を綿密に立てておかないと、従業員のストレスが増える結果にもつながります。ここでは建設にどの建築方法が向いているのか、コストや工期、耐久性などを軸に比較しました。

システム建築 在来工法 プレハブ工法
寿命 30年以上 30年以上 20年以上
価格 在来工法の2/3程度 高い 小規模な事務所なら安価で建設可能
工期 2か月半~ 6か月~ 1か月~3か月

事務所の建築方法を比較

福祉施設

地域の介護や保護など社会福祉を担う施設である福祉施設。近年は少子高齢化の影響で、ニーズが高まっています。建設の際に気になる福祉施設の建築方法を比較しました。建築基準法で定められた「特殊建築物」として、建築にはいろいろな規定があります。関連する法律や基準などを把握し、利用者が使いやすい福祉施設を作りましょう。

システム建築 在来工法 プレハブ工法
寿命 30年以上 30年以上 20年以上
価格 在来工法の2/3程度 高い 小さい施設なら安価で建設可能
工期 2か月半~ 6か月~ 1か月~3か月

福祉施設の建設方法を比較

学校舎・体育館

寿命が長く、低コスト・短工期で学校舎や体育館の建設ができる工法を3つピックアップして比較してみました。文部科学省で定められた「学校施設耐震化推進指針」によって、学校施設の全面建て替えをする際は低価格・短工期・耐震性が求められています。どの工法が3つの項目をクリアできるのか、事前に知っておくことが大切です。

システム建築 在来工法 プレハブ工法
寿命 30年以上 30年以上 20年以上
価格 在来工法の2/3程度 高い 小規模建築物の中では安い
工期 2か月半~ 6か月~ 1か月~3か月

学校舎・体育館の建設工法を比較

フットサル場(スポーツ施設)

競技人口が増え、盛り上がりを見せているフットサル。それに伴い、フットサル場のニーズも高まってきています。フットサル場の運営は、安定した収入が得られ節税対策もできることから人気です。3つの建築方法を寿命・価格・工期・デザイン・耐久性で比較しています。フットサル場の建設に適した工法を把握し、自社での建築に役立てましょう。

システム建築 在来工法 プレハブ工法
寿命 30年以上 30年以上 20年以上
価格 在来工法の2/3程度 高い 小規模建築物の中では安い
工期 短期 長期
(設計によって異なる)
短期

フットサル場(スポーツ施設)の建設工法を比較

集合住宅

システム建築の中でも対応している業者が少ない集合住宅(アパート・社員寮・宿舎など)について調査しました。住宅の施工で一般的に用いられる在来工法との違い、システム建築とよく似たプレハブ工法の見分け方を解説しています。システム建築を利用した集合住宅施工事例も紹介しているので、ぜひご活用ください。

システム建築 在来工法 プレハブ工法
寿命 重量鉄骨造34年
軽量鉄骨造19~27年
鉄骨・鉄筋コンクリート造47年 軽量鉄骨造19~27年
木造22年
価格 在来工法の2/3程度 高い 小規模建築物は安価
工期 短期 長期
(設計によって異なる)
短期

集合住宅の建築方法を比較