システム建築Online 特集『システム建築』最前線

住居(集合住宅)

住居(集合住宅)のイメージ

集合住宅(アパート・社員寮・宿舎など)の建設に用いられる建築方法の違いを調査。寿命・価格・工期・デザイン・耐久性を比較して、おすすめの建築方法を目的別に紹介しています。システム建築を利用した集合住宅の施工事例や集合住宅建設で押さえておくべきポイントも掲載しているので、是非ご覧ください。

集合住宅(アパート・社員寮・宿舎)に最適な建築方法とは

建築方法の比較

システム建築 在来工法 プレハブ工法

寿命
重量鉄骨造34年
軽量鉄骨造19~27年
鉄骨・鉄筋コンクリート造47年 軽量鉄骨造19~27年
木造22年

価格
在来工法の2/3程度 高い 小規模建築物は安価

工期
短期 長期(設計によって異なる) 短期

デザイン
機能性重視のシンプルデザイン 外観・内装ともに好みを実現しやすい 規格化にのっとったデザイン設計

耐久性
重量鉄骨造の場合、プレハブ工法よりも耐久性に優れている もっとも耐久性を追求できる 最も耐久性が低い

耐久性を重視するなら?

最も耐久性が優れているのは鉄骨・鉄筋コンクリート造の在来工法ですが、費用と工期がネックとなります。予算やスケジュールに余裕がある方は、在来工法を選ぶと良いでしょう。工期に余裕がない場合は、在来工法に引けを取らない重量鉄骨のシステム建築がおすすめです。

工期やコストをカットしつつ、安定した品質を求めるなら?

システム建築とプレハブ工法は、どちらも工期短縮・コストカットを実現する建築方法。最近では、「プレハブ・システム建築」という商品を提供しているところもあり、明確な違いはありません。

大まかな違いは規格化の範囲。プレハブ工法は建設で使用する部材を規格化、システム建築は部材の製造から使用方法までの一連の流れを明確に規格化しています。そのため、一連の流れが決まっているシステム建築のほうがスムーズな施工や安定した品質を期待できるでしょう。

システム建築を使った集合住宅の施工事例

耐久性・工期短縮・コストカットの3点を実現するシステム建築メーカーをピックアップ。社員寮や宿舎、アパートなどの集合住宅建設を手掛けている「内藤ハウス」「日成ビルド工業株式会社」「川田工業」の施工事例をご紹介します。

CASE1.システム建築なのに「お洒落」で「使い勝手が良い」
(施工会社:JFEシビル)

JFEシビル_集合住宅施工事例
引用元:JFEシビル公式サイト(https://www.jfe-civil.com/system/metalbuilding/case/k様邸富山市/)

デザイン性×高機能でこだわり詰まった自慢の家

システム建築とは思えない、ブルー×ホワイトのバイカラーと入口付近のブラウンがお洒落な雰囲気を醸し出している住宅の事例です。内装には木材が使用されていて、優し気な印象に仕上げられています。ボックス型になっているので利便性は高め。1階部分は半分をガレージにして、雨の日にも車の乗り降りがしやすいように作られています。JFEシビルでは断熱性や防音性に優れた材質を取り扱っているため、外の環境に影響されない快適な住空間を叶えられるのも魅力でしょう。

施工事例の概要

  • 施工床面積(m2):133
  • 階数:2階
  • 工期:要問合せ
  • 基礎:要問合せ
  • 骨組み:要問合せ
  • 外壁:KB235

JFEシビルのシステム建築が住居(集合住宅)に最適な理由

多彩な機能性がある材質や自由度の高いデザインを実現できるスキルを兼ね備えているJFEビル。システム建築の良さである低コストや短工期は叶えつつ、システム建築特有の殺風景さを感じさせない工夫を施してくれます。夢のマイホームはお洒落に決めたい、でもコストはあまりかけられない、という人でも満足できる対応が期待できるでしょう。

CASE2.在来工法並みの住宅を低コストで実現
(施工会社:日鉄物産システム建築《旧:住金システム建築》)

日鉄物産システム建築_集合住宅施工事例
引用元:日鉄物産システム建築公式サイト(https://www.nst-sumisys.co.jp/products/lafit/)

シンプルだからこそ使いやすい集合住宅に

3~6階建ての建物に対応している「ラフィット」という規格で建てられた住宅の事例です。3階建ての集合住宅で、間取りは2LDK。ファミリータイプのゆったりとした空間につくられています。耐震性や断熱性、水密性に優れた造りのため、災害にも備えた生活が送れます。見た目や造りは在来工法と大差ないのに、コストや工期を15~25%削減できるのが大きなメリットになっています。

施工事例の概要

  • 施工床面積(m2):要問合せ
  • 階数:要問合せ
  • 工期:要問合せ
  • 基礎:3階
  • 骨組み:要問合せ
  • 外壁:要問合せ

日鉄物産システム建築のシステム建築が住居(集合住宅)に最適な理由

多層階の建設に対応している

日鉄物産システム建築では、社宅や寄宿舎といった集合住宅の建設に向いています。規格型と自由設計型があるので、予算や要望に合わせて細かく調整できるのが魅力。耐震・断熱・水密性は基本的に備わっているため、コストを抑えながら質の高い暮らしを叶えてくれます。

CASE3.再利用素材でつくる環境に優しいエコな家
(施工会社:内藤ハウス)

内藤ハウス_集合住宅施工事例
引用元:内藤ハウス公式サイト(https://www.naitohouse.co.jp/case/某住宅ps032/)

規格化した部材で組み立てやすい&短工期

埼玉県久喜市に建設された社員寮です。布基礎を用いた基礎工事と軽量鉄骨を用いた骨組みにより、従来建築にも劣らない頑丈さを実現。敷地面積700m2に、わずか1か月の工期で2階建て集合住宅を完成させています。

この施工事例で用いられたのは、柱や梁、壁、屋根、建具など、使用するすべての部材を規格化した「カセツ」というシステム建築。部材は環境に優しい再利用素材で作られています。組み立てやすさを計算したうえで規格化されている部材によって、1か月という短い工期が実現しているようです。

施工事例の概要

  • 施工床面積(m2):700
  • 階数:2階
  • 工期:1か月
  • 基礎:鉄筋コンクリート布基礎(別途見積り)
  • 骨組み:軽量鉄骨造
  • 外壁:サンドイッチパネルなど

内藤ハウスのシステム建築が住居(集合住宅)に最適な理由

低コスト短工期で建築する簡便な住居として最適です。住居建設にあたって予算を抑えたい、作業所併設にしたい、等の要望も実現できる点がメリットでしょう。

CASE4.家族みんなが安心して住める頑丈さ
(施工会社:日成ビルド工業)

日成ビルド工業_集合住宅施工事例
引用元:日成ビルド工業公式サイト(http://www.nisseibuild.co.jp/search/201203/45097410101)

使用する素材にこだわってプレハブ建築を超える強度に

プレハブ建築と在来工法の良さを組み合わせたアパートの施工事例です。角型鋼材ブレース(補強材)を柱材と一体化するシリーズ「Newシャトー・スケルトン」で、一般的なプレハブ建築以上の強度を実現。この鉄骨パネル工法の採用により、システム化が難しいと言われる2階建て集合住宅が完成しました。

外壁・内装を鉄骨パネルに組み合わせ、従来の工事工程を大幅にカットし、コストダウンや工期短縮に繋げているようです。外装材には不燃材料を使用することで、防火性の高い集合住宅に仕上がっています。

施工事例の概要

  • 施工床面積(m2):152
  • 階数:2階
  • 工期:記載無し
  • 基礎:鉄筋コンクリート布基礎(別途工事)
  • 骨組み:軽量鉄骨造(ブレース構造)
  • 外壁:窯業系サンディング

日成ビルド工業のシステム建築が住居(集合住宅)に最適な理由

システム建築で住居を建てる際には、土地活用の一環としたアパート等の集合住宅の建築に適しているでしょう。複数階層の場合には、外階段や内階段の各タイプや、メゾネットタイプも建築することができます。

アパートをはじめとする集合住宅建設のポイントとは?

集合住宅は2階建てになるケースが多いので、建物の寿命を延ばすために基礎工事がしっかりしているシステム建築メーカーに依頼しましょう。また、強度の高い鉄骨を骨組みに使用しているところなら、耐震性も期待できます。一般住宅・集合住宅の安全性を判断する3つの基準をまとめているので、システム建築メーカー選びにお役立てください。

耐震基準

  • 等級1…建築基準法を満たす住宅耐震性能。震度6強~7の地震で即倒壊しないレベル
  • 等級2…長期優良住宅認定基準。建築基準法の1.25倍相当
  • 等級3…最高レベルの耐震性。建築基準法の1.5倍相当

耐風基準

  • 等級1…建築基準法を満たす耐風性能。500年に1度発生する暴風で倒壊しないレベル
  • 等級2…建築基準法の1.20倍相当の耐震性能

耐火基準(開口部以外)

  • 等級1…下記以外
  • 等級2…火災を遮る時間が20分相当以上
  • 等級3…火災を遮る時間が45分相当以上
  • 等級4…火災を遮る時間が60分相当以上

住居(集合住宅)建築で気を付けるべき法令

費用や工期、品質などのバランスから、システム建築で建てられることの多い社員寮や寄宿舎。どちらも従業員の居住の場ですが、対象となる法律・規則が異なります。

寄宿舎は労働基準法で定められている

従業員の共同部屋である寄宿舎は、労働基準法において「事業の付属寄宿舎」にあたります。建設には行政官庁への手続きが必要です。

工事着手の14日前までに届け出を提出。また寄宿舎での取り決めを、事業者だけの判断で決めることはできません。寄宿舎で生活する従業員の同意を得て、寄宿舎規則への署名や記名推印、従業員への周知までを行なう必要があります。

社員寮に関する法律はない

法律による規制がない社員寮。その代わりとして、社内規則が制定されます。独自に規則を制定するのは、従業員間に不平等感を生まないため。

社員寮は福利厚生にあたるため、明確な規定がない状態だと、「利用している従業員だけが手厚い福利厚生を受けている」と、他の従業員からの不満の原因になる恐れがあります。

社員寮を建築する場合は、必ず社内規定を制定しましょう。

参照元

電子政府の総合窓口 事業附属寄宿舎規程