システム建築Online 特集『システム建築』最前線

事務所

事務所のイメージ

事務所は取引先との連絡や事務作業などを行う、工場や倉庫の管理にも欠かせない建物です。レイアウトをしっかり決めるには、変更や人員の増減も考えた建築をしなくてはいけません。そこで、寿命・価格・工期・デザイン・耐久性の5点から、事務所建設に利用される3つの建築方法を比較しました。

事務所に最適な建築方法とは

建築方法の比較

システム建築 在来工法 プレハブ工法

寿命
30年以上 30年以上 20年以上

価格
在来工法の2/3程度 高い 小規模な事務所なら安価で建設可能

工期
2か月半~ 6か月~ 1か月~3か月

デザイン
シンプルで機能性を重視したデザイン
形状は選択幅が少ない
用途や好みによって素材・形状を選ぶことが可能 規格に合わせて組み立てる工法
デザインの自由度はあまり無い

耐久性
耐久性の高い素材を使用すれば災害・気候変動にも対応可能 自由に追求できる 外壁は耐久性が高いが、屋根材の耐久度が低い傾向がある

システム建築やプレハブ建築は鉄骨づくりの在来工法に比べて低コストで短工期が実現できますが、デザインの幅は広くありません。しかし在来工法は素材や形状、耐久性の自由度が高い反面、コストが高くなる傾向にあります。長期的に使用することを考えると、安いコストで寿命が長い事務所を建てられる、耐久性に優れたシステム建築が最適でしょう。

システム建築の事務所の特徴

システム建築は低コストでハイパフォーマンスなところが魅力です。事務所の建築に費用をあまりかけられない・かけたくないと考えているなら、ピッタリの方法でしょう。しかしながら、在来工法より自由度が低いため見た目を重視した建物にしたい場合には、適していないかもしれません。

メリット…寿命が長く工期が短い

システム建築のメリットは在来工法に負けない寿命の長さにあります。そのうえ、工期が短く済むためコスト削減も可能です。部材が標準化されているため、価格が安く抑えられるのに加え、工期短縮により人件費も抑えられます。建材によっては、高い耐久性を実現することもでき、コスパよく品質の高い建築ができるのが魅力です。

デメリット…デザインの自由度が低い

システム建築は、柱や梁といった部材が標準化されています。そのため、デザインの自由度はある程度制限されているのが一般的です。ですが、建築ユニットや建材の組み合わせ方により、機能性を重視したデザインにすることは可能。見た目の良さの追求は難しいところですが、過ごしやすい・働きやすい環境を重視した建築ができます。

従来工法の事務所の特徴

在来工法は自由度に比例して、工期や費用がかかります。企業の事務所としてデザイン性や耐久性を追求しなければならないケースを除いて、コストに見合う建造物になるのかの見極めが大事です。譲れないデザインや性能があるのなら、在来工法が合っています。一般的な在来工法の寿命は約30年です。それを踏まえてコスパが良いかもチェックすると良いでしょう。

メリット…デザインの自由度が高い

在来工法は部材や建材、耐久性などの自由度が高いのがメリットです。建物の外観・内装などを思っているとおりに造ってもらえます。デザイン性の高い事務所を構えたい場合は、在来工法を手掛けている建築会社に頼むと良いでしょう。

デメリット…費用と工期がかかる

自由度が高い建物は、部材の素材や準備などで費用と時間がかかります。たとえば、オーダーメイドの部材や建具などを使用する場合、それらを製作するためのコストが必要です。また、目安として半年以上の工期をみておく必要もあります。

プレハブ工法の事務所の特徴

プレハブ工法はスピーディーに安価で建てられます。しかし、耐久性は他の2つの工法に比べてどうしても劣ってしまうため、短期間使用する事務所に向いています。長期間の使用を予定しているのであれば、建材や工法を工夫して耐久性を高めるようにしておきましょう。

メリット…工期が短い、安い

工場で部材を用意し現地で組み立てるプレハブ工法は、工期の短さが魅力。規模によりますが、小規模の建物なら比較的安価に建てられるのもポイントです。

デメリット…屋根の耐久性が低いケースがある

プレハブ工法の建物は、屋根の耐久性に不安があります。強風などで煽られて屋根が飛んでしまったという話を見聞きしたこともあるのではないでしょうか。

システム建築を使った事務所の施工事例

ここではシステム建築で建てられた事務所の施工事例を3つご紹介。1社につき1つの事例をまとめています。事務所の建設イメージをつかみたい方は、事例をチェックしておきましょう。

住金システム建築

住金システム建築_事務所施工事例
引用元:住金システム建築公式サイト(https://www.sumikin-sysken.co.jp/case/)

高層階に対応できるシステム建築「ラフィット」で建てられた事務所です。スパンが約20m、桁行が30mと、やや奥行きのある構造になっています。耐火性能に優れた外壁を使用した、耐熱性の高いつくりが特徴です。軒先が大きく突き出た設計になっており、2階より上の階層をしっかり支えられるように工夫されています。

施工事例の概要

  • スパンの長さ(m):20.5
  • 桁行き長さ(m):30
  • 施工床面積(m2):1,848.29
  • 軒高(m):11.55
  • 屋根:フラットルーフ
  • 外壁:アスロック(別途費用)

住金システム建築の公式サイトを見る

横河システム建築

横河システム建築_事務所施行事例
引用元:横河システム建築公式サイト(http://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/6282)

平屋建て建築で建てられた事務所で、工場と連絡しやすいよう隣に配置されています。外壁としてガルバリウム鋼板にポリイソシアヌレートフォームを充填したサンドイッチパネルを使用し、断熱・防火性能を高めているのが特徴。整った見栄えに仕上がっており、作業時もストレスを感じることなく過ごせるでしょう。

施工事例の概要

  • スパンの長さ(m):15.4
  • 桁行き長さ(m):13.5
  • 施工床面積(m2):217
  • 軒高(m):4.1
  • 屋根:PXルーフ
  • 外壁:フラットバンド35V

横河システム建築の公式サイトを見る

コアシス建築

コアシス建築_事務所施工事例
株式会社コア公式サイト(http://www.core-system.co.jp/performance/561/)

工場の敷地内に建設された、費用をなるべく抑えられる「スペースMAX」で設計されている事務所です。建材の寸法が細かく規格化されており、実用性を重視したつくりが特徴。小さな建物ですが、建材やフレームにこだわっていて意匠性や断熱性能が保持されているのが魅力です。事務所だけに特化した桁行きや面積の小さい構造で、省スペースに優れています。

施工事例の概要

  • スパンの長さ(m):要問合せ
  • 桁行き長さ(m):11.5
  • 施工床面積(m2):73.6
  • 軒高(m):4.3
  • 屋根:要問合せ
  • 外壁:要問合せ

コアシス建築の公式サイトを見る

事務所建設のポイントとは?

工場や倉庫の管理をするために欠かせない事務所。快適に働く環境を整えるには、設計時にレイアウトや働きやすさを考えておく必要があります。レイアウト設計やオフィス内の導線計画を考えたうえで、従業員が働きやすい環境を整えましょう。

レイアウト設計に着目することで理想のデザインに

快適な事務所を作り上げるために重視すべきは、レイアウト設計です。必要な機能スペースの位置取り、人が動くための経路確保などを考えなくては、働きにくい環境になるケースもあります。

レイアウト設計では、最初に機能スペースの位置取りとなるゾーニング計画に取り組むのが大切。各スペースの関係性を意識し、位置取りを考えていきます。ワークスペースや来客用スペースなど用途や利用者を具体的に想像した位置を決めることで、満足いくレイアウトを構成できるでしょう。接客のしやすさや快適な仕事環境のイメージを固める作業が、建設時の仕上がりに影響すると言っても過言ではありません。

希望するオフィスに仕上げるためにも、必要な機能スペースを決めておきましょう。リストアップしておくと依頼時に要望を出しやすくなるので、重要な機能スペースは事前にまとめておくことが大切です。

ストレスにならない導線計画を立てる

機能スペースのゾーニングを決めた後は、建物内の経路を計画していきましょう。人が動く際に通る導線を効率良く確保することで、ストレスなく作業できる環境を設計できます。通る経路を複雑化すると、効率性が下がりコミュニケーションロスを生みかねません。ただし、経路を単調にし過ぎても移動の際に衝突する危険性が増すため、注意が必要です。

導線計画を立てる際に押さえておくべき点は、袋小路のない導線・メイン導線の明示・導線の簡略化など。動きやすく簡単な導線にすることで、移動しやすい事務所レイアウトが出来上がります。万が一のトラブルに対応できるよう、2方向避難通路の確保や法規上の通路幅制限も考慮した導線計画にしておきましょう。

従業員の働きやすさ・多様性を考えたオフィス

快適なオフィス環境を作るためには、レイアウトだけでなく従業員の負担も考えることも重要です。長時間ストレスを感じるような作業環境では、健康や知的生産性に悪影響を与える恐れがあります。全ての従業員が快適に働ける環境の構築を考えましょう。

また、従業員の多様性に配慮することも大切です。性別や国籍の違い、障がいの有無などさまざまな可能性が考えられますが、そういった多様性に関係なく、スムーズに業務が進められる環境が求められます。多様性が一般化してきている現在、従業員一人ひとりに対する利便性も考慮しなければいけません。オフィス環境を整備し、設備や環境を整えて、誰でも快適に過ごせる事務所を設計しましょう。

事務所(オフィス)建築で気を付けるべき法令

建築基準法

廊下(通路)の幅

非常時の避難経路を確保するために、建築基準法では廊下(通路)の幅を定めています。

廊下を挟んで両側に部屋・扉がある場合には、1.6m以上の幅が必要に。片側のみの場合は少し条件が緩和され、1.2m以上となっています。

避難口までの距離

避難用の階段までの距離は、窓の有無や階数によって定められています。

窓のある部屋からの避難を想定した場合、建築基準法では14階以下で60m以内、15階以上で50m以内に避難口までたどり着く設計にしなければなりません。

窓のない部屋であれば条件はより厳しく、14階以下であれば40m以内、15階以上であれば30m以内と定められています。

排煙設備

火災の発生に備えた排煙設備が、床面積500m2ごとに必要です。そのほかにも、耐火・防火などの火災を防ぐための設備や機能を事務所に備えることも、建築基準法で定められています。

参照元

(PDF)国土交通省:建築関係法の概要

消防法

仕切り

部屋をわけるための仕切りやパーテーションが天井まで届いている場合、「部屋」と見なされます。そのため消防法の対象となり、スプリンクラーや火災感知器の設置が必要に。消防署への届け出を怠ると違反になるので、注意してください。

参照元

(PDF)国土交通省:建築関係法の概要